Jump to the content of the page

材料試験の自動化した測定の必要性

30. 8月 2021

材料試験の自動化測定の必要性

製造業では、効率性がすべてです。それゆえ、可能な限り自動化を導入することが重要です。ベルトコンベアやピッカーなどの自動化システムに加え、材料試験の工程に自動化測定を導入うすることで更に自動化を進めることができます。

 

以下では、自動化した材料試験システムとその利点について説明します。

材料試験の自動化とは

材料試験は、消費者向け製品から航空宇宙産業に至るまで、さまざまな産業にとって不可欠なプロセスです。

 

金属やプラスチックなど製造に使用される特定の材料の組成やその他の物理的特性の測定など、さまざまな試験から構成されています。これらの物質はさまざまな条件で試験され、収集されたデータから、その完全性、厚み、導電性などについて導き出されます。

これらの試験の多くは手動で測定できますが、フィッシャーの技術により、お客様の生産工程を高効率化させる自動化システムを提供しています。これらの測定装置は、リードタイムが短縮されるだけでなく、自動化された測定システムは一貫した信頼性の高い結果を提供します。

さらに、フィッシャーの技術による自動化システムは、以下のようなアプリケーションに対応するソリューションを提供します:

  • ロール・ツー・ロール工程:電子デバイス向けのロール状の金属箔やガラスフォイルやプラスチックフィルムなど
  • コンベアシステム:自動または半自動のベルトコンベアで製品や部品を移動させるシステム
  • 液体:製薬、食品加工、化粧品などにおける液体
  • ウェハー:半導体産業におけるシリコンウェハー

膜厚測定、素材分析、ナノインデンテーションのプロセスを効率的改善する方法をお探しなら、フィッシャーの技術により、お客様の生産設備の環境に合う自動化測定の導入ができます。

材料試験自動化システムのメリット

品質要求の高まりや製造サイクルの短期化に対応するため、品質管理の自動化の導入する企業は増えてきています。これらのシステムには、以下のようなさまざまな利点があります。

 

効率性の向上

多くの製造工程では、特に品質保証の段階で繰り返しの検査作業が必要となります。自動化により、従業員がこれらの検査作業を行う必要がなくなり、代わりに自動化された測定システムがその業務を引き継ぎます。ほとんどの場合、この測定システムは従業員が行うよりも速く検査を完了することができ、全体のリードタイムを短縮することができます。さらに、繰り返しの多い作業から解放され、従業員は製造プロセスの他の業務に集中することができます。

より正確な測定結果 

各種測定業務において、長年の経験を持っていたとしても、ミスは起こり得ます。残念ながら、たとえ小さなミスであっても、最終製品に重大な問題を引き起こす可能性があります。これは、自動車や航空宇宙産業などでは、大きなリスクを伴います。

自動化された測定ソリューションはヒューマンエラーのリスクを減らします。自動化された測定システムは、手作業ではほとんど不可能なレベルの正確さと精密さを提供します。これにより、信頼性の高いデータと、より一貫性のある品質保証プロセスを実現します。その結果、最終製品の品質が向上します。

フィッシャーの自動化した材料試験

フィッシャーでは、お客様のオペレーションに必要なものすべてが揃った測定システムを導入することができます。以下のような様々な自動化した測定システムを提供しています:

 

  • FISCHERSCOPE® MMS® Automation:インラインで膜厚測定や材料試験を行うことができます。
  • FISCHERSCOPE® X-RAY 5000:太陽電池など大面積基板上の薄膜を高精度に測定することができます。
  • FISCHERSCOPE® X-RAY XDV-µ SEMI:ウェハー上の微細構造を全自動で測定することができます。 
  • FISCHERSCOPE® X-RAY 4000:プレス部品や金属箔の測定など、メッキストリップ部品の膜厚測定などをすることができます。

自動化ソリューションの詳細や、カスタムされた測定システムについては、当社までお問い合わせください。

Leave us your comment
By submitting this form, I confirm that I have read and understood the privacy policy.
Jump to the top of the page