Jump to the content of the page

証明書付きキャリブレーション標準板

DIN EN ISO/IEC 17025に準拠の校正証明書付きキャリブレーション標準板

2003年以来、Deutsche Akkreditierungsstelle GmbH DAkkS(ドイツ認定機関)は、当社のキャリブレーションラボラトリーを「有能なキャリブレーションラボラトリー」として認定しています。Helmut Fischer GmbHのキャリブレーションラボラトリーは、機械的測定量の項目である「単位面積当たり質量」について、DIN EN ISO/IEC 17025の認定を受けたドイツで最初の企業です。これは、当社の標準板が、最高の品質、精度、および定義された測定不確かさで測定、校正、証明されることを意味します。さらに、この認定により、標準板の国家標準へ完全なトレーサビリティが保証されます。いつでも、どこでも、当社の校正証明書付きの値は信頼することができます。

XRF測定器と包括的サービスのポートフォリオに加えて、Fischerは約500種類もの証明書付きキャリブレーション標準板があります。これにより、あらゆる測定タスクに対して適切なソリューションを見つけることができます。

トレーサブルな標準の意味と重要性

測定値は、既知の測定不確かさで比較測定(キャリブレーション)の切れ目のない連鎖を通じて、認識される標準に関連付けることができれば、計量的にトレーサブルとなります。ISO 17025に準拠して、この連鎖は国家標準またはSI単位にまで対応できなければなりません。DAkkSの校正証明書付きの全てのFischerの標準板は、個別に測定不確かさが定義されており、国家標準に直接関連します。これは、使用する方法、装置、場所に関わらず、測定値が絶対的に信頼でき、比較可能であることを意味します。

 

証明書付きの標準板を自社で製造

Fischerのキャリブレーションラボは、キャリブレーション標準板の校正を証明するだけでなく、標準板の製造も担当します。これにより、私たちは、使用される材料が信頼でき、標準板に必要な品質と均質性を最高基準に満たし、それに基づいて処理されていることを保証し、約束することができます。ハンディー型の測定器や蛍光X線式測定器など、使用する測定器に最適なキャリブレーション標準板を入手することができます。標準板と測定器の両方を自社で製造することにより、お客様の測定タスクに最適な測定を正しく実施することができます。

 

お客様の固有サンプルを基準サンプルとして証明書を発行

カスタマイズされたキャリブレーション用のサンプル製品は、当社の専門スタッフによってキャリブレーション基準サンプルとして認証することができます。Helmut Fischerのキャリブレーションラボは、社内で製造した標準板に加え、お客様の特定の材料においてもISO/IEC 17025に準拠した基準サンプルを提供しています。DAkkSの校正証明書付きなため、お客様のワークピースを工程管理、品質管理、開発に使用することができます。

 

特別なDAkkS認定のラボラトリー

DAkkSのDIN EN ISO/IEC 17025に準拠して認定を受けるには、非常に厳しいガイドラインをクリアした品質管理システムを実施しなければなりません。DAkkSの校正証明書は、文字通りこれらの基準に準拠していることを証明するものです。要求事項には、担当者の力量、品質、精度、勤勉さ、品質のほか、測定器や標準板の証明された不確かさなどが含まれています。さらに重要なのは、結果とプロセスを完全に文書化されることと、規格の国家標準への明確なトレーサビリティを証明することです。

 

測定精度のエキスパート

キャリブレーションラボチームは、様々な校正作業について特別な訓練を受けた12名の科学者で構成されています。ヘルムート・フィッシャーの従業員に共通しているのは、品質に対する高い意識、配慮、精度、信頼性が最優先されていることです。ラボの独立した部門が、測定器、測定値、標準器、文書管理の取り扱いを保証し、規格の要求事項を満たすことを確実にしています。

 

適切な環境条件

校正証明書付きの標準板の製造には、キャリブレーション測定のために一定の条件を満たすことが不可欠です。そのため、ラボは、温度と湿度が一定に管理された測定室でなければなりません。また、ラボに設置されているFISCHERSCOPE 蛍光X線式測定器は、最適な測定と校正用標準板が用意され性能を発揮しなければなりません。

 

Jump to the top of the page