Jump to the content of the page

粉体塗装の最適な測定方法

27. 7月 2021

粉体塗装の最適な測定方法

粉体塗装は、機能的・装飾的な目的で様々な製品に塗布されています。外観の美しさだけでなく、腐食などダメージから保護する耐久性にも優れています。さらに、粉体塗装は数百もの色や質感があり、自社のブランディングに合わせて製品をカスタマイズして消費者に提供しています。

 

粉体塗装をする場合、その厚みは部品や製品の寿命、外観、性能を左右するため、細心の注意を払わなければなりません。さらに、粉体塗装にはさまざまな機能があり、それぞれ異なる膜厚が必要となり、適切な膜厚測定が非常に重要です。また、厚みの基準を徹底することで、材料消費の無駄を省き、製造コストの削減に貢献できます。

粉体塗装の測定について、また効率よく測定するプロセスの合理化について、ぜひご覧ください。

粉体塗装の測定方法について

塗装の膜厚測定は、塗装業者や完成品の品質保証に携わる人々にとって不可欠なプロセスです。この測定は硬化前でも硬化後でも可能ですが、最良の結果を得るためには硬化後に実施することが多いです。

 

フィッシャーの測定器は、電磁式と渦電流式を使用して粉体塗装の厚さを測定します。どちらも非破壊で測定できるため、最終製品の品質を維持して正確な測定データを得ることができます。電磁式を利用した測定器は、鉄や鋼のような磁気を帯びた素地材上の非磁性皮膜(亜鉛、クロム、塗装、プラスチックなど)の測定するよう設計されています。一方、渦電流式は、導電性の非磁性金属素地材上の絶縁皮膜の測定に設計されています。銅やアルミニウムなどの金属がこれにあたります。これらの素材に施されるコーティングは、プラスチックや塗装など、電気的に絶縁されたものになります。

粉体塗装はアルミのパイプ椅子から自動車部品に至るまで幅広い製品に施されるため、検査員や施工業者は適切な測定器とプローブを選択する必要があります。そのため、フィッシャーのFMPシリーズにあるような、さまざまなアプリケーションに対応する交換可能なプローブを備えた測定器の選択が適しています。

フィッシャーの粉体塗装向け膜厚計の優れた性能

フィッシャーの膜厚計は、使いやすさを優先事項として考えて設計されています。これは、測定器の使い方を学ぶときにも、操作するときにも当てはまります。フィッシャーの膜厚計は、最適な品質管理のために正確な測定値を提供します。また、検査する部品や製品の作業現場に直接持っていけるハンディー型の測定器をラインナップしており、時間短縮にもつながります。また、これらの測定器の測定結果が出るのが速く、お客様の用途に合わせた測定アプリケーションとプローブに変えて簡単に測定することができます。

 

メッキの皮膜から保護膜まで、フィッシャーの膜厚計は様々な用途に対応し、表面のあらゆる種類の粉体塗装を正確に測定することができます。測定は1つのプロセスで行われるため、塗装業者や品質検査員の作業時間は節約することができ、信頼性ある測定データを得ることができます。

フィッシャーの膜厚計は、数十年にわたり世界中の企業から信頼を得て採用いただいています。当社の測定器の詳細や、お客様の用途に最も適したオプションをお探しの際は、ぜひ当社のカスタマーサービスまでご連絡ください。

Leave us your comment
By submitting this form, I confirm that I have read and understood the privacy policy.
Jump to the top of the page