Jump to the content of the page

航空宇宙産業における材料分析・測定のメリット

10. 8月 2021

航空宇宙産業における材料分析・測定のメリット

航空宇宙産業をはじめ様々な産業の製造プロセスにおいて、材料の分析・測定は不可欠な要素です。これらの工程では、部品や材料を試験し、導電率や膜厚など測定するために様々な測定器を使用します。航空宇宙産業では、使用される材料が非常に大きいため、工場の作業現場で直接測定する必要があります。このような場合、ハンディタイプの測定器は特に有効です。

 

航空宇宙産業における金属(アルミニウムやチタン合金など)、塗料、プラスチックなどの材料分析は必要不可欠です。収集されたデータは、材料の効率性、安全性、性能に関して利用され、最終製品が厳しい条件下で確実に機能することを保証します。これらの品質管理は、スズウィスカ防止など安全対策に役立つだけでなく、軽量化、燃費向上などにも役立ちます。

航空宇宙部品・製品のナノインデンテーション試験

ナノインデンテーション試験は、塗膜や固体表面の硬度を調べる材料分析の一つです。従来の硬さ試験方法とは異なり、複数の材料特性を測定することができます。具体的には、押込み弾性率、硬度、クリープなど、材料の弾性および塑性能力を測定します。ナノインデンテーションは、ナノメートル単位で測定するため、非常に高い精度の要求に対応します。

 

航空宇宙産業の品質保証プロセスでは、材料試験に専用のナノインデンテーションが使用されています。これらの装置では、最先端のナノテクノロジーを用いて、粒子レベルの試験を行います。FISCHERSCOPE® HM2000のようなインデンテーションテスターには、温度変動など追加試験を実施できるものもあります。この試験は、航空宇宙産業向けプラスチックのガラス転移を決定するために不可欠であり、より安全性を保証します。さらに、FISCHERSCOPE® HM2000 は塗装や亜鉛メッキコーティング、複合材や金メッキ表面の耐久性を試験することができます。これらの機能は、航空宇宙産業で使用される機器に搭載される回路基板などの製品に不可欠なものです。

航空宇宙産業における材料分析

ロケットの打ち上げから飛行機の搭乗など、航空宇宙産業では多くの重要なオペレーションを含んでいます。そのため、部品のわずかな欠陥であっても、それが災害を引き起こす可能性があり、信頼性の高い計測技術を必要とされています。

 

フィッシャーの測定技術は、高精度で信頼性の高い測定器の開発を実現しています。例えば、FISCHERSCOPE® X-RAY XDLおよびXDLMモデルは、部品の形状に関わらず、簡単かつ正確に測定します。これらの装置は自動測定も可能で、品質保証のプロセスをさらに合理化します。また、蛍光X線式測定器は、非破壊で膜厚測定ができます。また、FISCHERSCOPE® X-RAY XDALは様々な用途に対応するため、3種類の検出器から選択することができます。例えば、シリコンPINダイオードは広い測定領域で多数の材料を測定するのに適しており、シリコンドリフト検出器(SDD)はエネルギー分解能が向上します。これらの複数のオプションにより、ユーザーは特定の品質保証手順を最適化させることができます。

フィッシャーの測定技術に期待できること

フィッシャーの測定技術は、航空宇宙産業の厳しい要求にお応えし、信頼性の高い試験装置とシステムを提供しています。硬さ、組成、反応性、導電性など、さまざまな要素を測定する測定器があります。また、作業現場で高精度に測定ができる様々なハンディー型測定器もあります。

 

当社製品の詳細および品質管理の改善について、ぜひ当社までお問い合わせください。

あなたのコメントをお聞かせください
このフォームを送信することにより、私は "プライバシーポリシー" を読み、理解したことを確認します。
Jump to the top of the page