Jump to the content of the page

膜厚計について知っておくべきこと

16. 8月 2021

膜厚計について知っておくべきこと

特に、性能や耐久性の信頼性に依存する製品の膜厚測定は、大変重要な要素となります。特定の用途の特殊なコーティングでは、機械的特性、仕上げ、または腐食防止のためコーティングなど様々なソリューションを提供します。

 

皮膜の厚みは、仕様に応じて忠実にコーティングする必要があります。そのため、製造工程で正確に測定ができる膜厚計が必要とします。品質管理に欠かせないツールです。

膜厚計の基礎知識

膜厚計は、塗膜の厚さを測定する装置です。製造時や、規格標準に対応するために特定の膜厚を測定するために必要とする際に使用される測定器です。塗膜の厚さは、製品全体の寿命、性能、外観に影響を与えるため、大変重要です。
 

また、塗膜の性能や品質を把握するためには、正確に厚みを測定することが重要です。高品質な測定ゲージは、材料を傷つけることなく、塗膜の厚さを評価する機能を備えています。さらに、これらの測定器に搭載される測定方式は、国際標準化機構(ISO)に準拠しています。

膜厚計を使用するメリットとは?

フィッシャーの膜厚計を品質管理に加えることで、コーティングするための材料消費を節約することができ、最終製品の全体的な性能を最適化することができます。フィッシャーの膜厚計を使用することで、正確に高精度に測定することができます。

 

フィッシャーの膜厚計は、世界中の様々な産業におけるお客様にご使用いただいています。塗装の厚み測定用の膜厚計の他、ユニークなアプリケーションに対応した測定器を数多く取り揃えています。確立された仕様が要求される産業向けに、フィッシャーの測定器には機能として内蔵しており、これらのタスクを簡単に行うことができます。

フィッシャーの膜厚計を使う理由

フィッシャーは膜厚測定技術のメーカーとして、非常に便利で正確に測定ができる高品質な測定器を提供します。数種類のラインアップを持ち、お客様の用途に合った測定器を見つけることができます。以下がその例です:

  • FMPシリーズ:プローブ交換式で、用途に応じた柔軟性が高いシリーズです。
  • MP0およびMP0Rシリーズ: メッキ、塗装、プラスチックを簡単に測定するのに適しています。
  • PHASCOPE PMP10: あらゆる基板上の導電性皮膜を測定できます。
  • MMS Inspectionシリーズ:鉄、非鉄金属上の皮膜厚の測定に適しています。特に防錆塗装の塗膜厚管理に適しています。

これらは、フィッシャーの測定技術を備えた数多くの膜厚測定ツールの一部に過ぎません。1953年以来、ヘルムート・フィッシャーが開発した膜厚計から、フィッシャーの技術革新は継続的に製品ラインアップの拡充につなげています。

製品に関する詳細や、お客様固有のアプリケーションに適した測定器についてのご相談は、お気軽に当社までお問い合わせください。私たちが、お客様のご要望にお応えし、品質管理の改善のお手伝いをいたします。

あなたのコメントをお聞かせください
このフォームを送信することにより、私は "プライバシーポリシー" を読み、理解したことを確認します。

コメント

(1)
Industrial NDThttps://www.industrial-ndt.com/20.08.2021 at 12:08Reply

Informative blog....Got so much knowledge about coating thickness gauge.

Translate comment
Jump to the top of the page