Jump to the content of the page

金の真偽判定を非破壊方式で迅速に検証

貴金属に対する真偽やん廷や品質管理のための検査の必要性がますます高まってきています。
金を検査する方法として、SIGMASCOPE GOLD BおよびSIGMASCOPE GOLD Cで、素早く簡単に、金の真偽判定を検査することができます。タングステンに金メッキを施したような偽造品であるかどうかを判定することができます。
従来のような破壊式測定器では、貴金属の価値そのものを喪失してしまいます。

この測定器では、非破壊式なため材料または製品の価値を喪失しません。

 

SIGMASCOPE GOLD Bは、特に金インゴットの検査向けに開発された測定器です。金インゴットの厚み約1.5 mmから約17 mmまで測定することができます。

SIGMASCOPE GOLD Cは、金貨や細い金インゴット(およそ100 gまで)の検査向けの測定器です。特定の値に基づくクルーガーランド、 ダカット金貨、または純金などを判定することができます。

特長

  • 携帯可能なハンディー型タイプに、大型でタッチスクリーン搭載のディスプレイ
  • 非破壊で測定
  • 簡単な操作性
  • 様々な厚みに対応
  • 0.5 mm厚までのプラスチックケースの上からでも測定が可能
  • 操作適用温度0 – 40 °C

アプリケーション

SIGMASCOPE GOLD B

  • 約1.5 mmから約17 mmの厚みのある金インゴットを非破壊で検査 
  • タングステンに厚い金メッキが施された偽造の金インゴットの判定

SIGMASCOPE GOLD C

  • 金貨を非破壊で検査
  • 金合金の正しい組成の検査
  • 特定の値に基づくクルーガーランドとダカット金貨といった市販の貴金属コインの確認

ダウンロード

名称 タイプ サイズ ダウンロード
Jump to the top of the page