Jump to the content of the page

蛍光X線式測定器により抗菌コーティング厚を最適に

New Press Release: Optimal Use of Antimicrobial Coatings Due to X-ray Fluorescence Analysis

健康と経済にも活かされる測定精度

信頼性の高い測定技術と高い測定精度により、Helmut Fischer GmbHは、抗菌コーティングの開発にも貢献しています。ベルリンを拠点とするLargentec社は、AGXXにより優れた抗菌効果が長時間持続することを特長とする革新的な技術を提供しています。AGXXの表面の膜厚を正確に調整することは、抗菌効果と製品のコスト面の両方にとって重要な要素です。そこで、蛍光X線式測定器による膜厚測定が、最適なソリューションとして機能します。

抗菌コーティングを施すことで、微生物が人々や経済に与える影響を最小限に抑えることができます。微生物は病気や感染症を引き起こすだけでなく、バイオコロージョンやファウリングを引き起こし、装置や機器の機能を損ない、生産される製品の品質低下にもつながります。
特許技術のAGXXは、触媒活性層と貴金属層をベースにしています。SARS-CoV-2ウイルスを含む130以上の微生物に効果があります。抗菌効果とコスト面を確保するためには、膜厚を均一に形成することが必要です。このような皮膜表面を開発するために、それに対応するナノメートル領域での正確で効率的な測定器が必要になります。

そこで、必要とする測定精度と信頼性を提供するため、フィッシャーの蛍光X線式測定器を使用します。Largentec社と協力して多数の測定において、必須パラメーターを短時間で高精度に測定することができました。蛍光X線式測定器のラインナップの中でもハイエンドな機種の一つであるFischerscope X-ray XDV-μを用いて、PVDおよびCVDコーティングフィルムを測定しました。測定点あたりの測定時間はわずか15秒で、サブナノメートルレンジで精度を達成しました。

この短時間で精度を達成することで、AGXXの技術の効果を最適にしつつ、コーティング、表面合金、フィルム、テキスタイルなどの製品を大量生産するために必要な条件を満たします。言い換えれば、このおかげで、製品はより早く、よりコスト効率よく開発することができます。これは、異なる応用分野における技術的・経済的要求に対応できるようになります。

詳細な測定技術についてはこちら、アプリケーションについてはこちら www.helmut-fischer.com

ダウンロード
名称 タイプ サイズ ダウンロード
Jump to the top of the page