FPR1

保護層の確実な接着を保証するには、下地材料の表面粗さが、推奨される基準に厳密に従う必要があります。FPR1プロファイルプローブは、この場合に最適なソリューションです。FMP10/40シリーズの携帯型装置と組み合わせると、造船、上下水道、風力タービン生産などでの塗装前に、研磨あるいはブラスト処理された表面の試験に対して最適な装置となります。

FPR1

特徴:

  • 硬質金属の耐久性と耐摩耗性を備えるプローブチップによる長期耐用化
  • コンパクトで、測定しづらい場所にも簡単にアクセス可能
  • 消耗品のための追加費用不要
  • Fischerの裏付けあるコンパクトなFMP装置を使って実行される測定: 同じ装置で膜厚およびプロファイル測定の両方を実行可能
  • FMPでの包括的に機能を使用可能: 自動試験レポート、統計評価、測定値保存など
  • 次の標準に従った測定が可能: ASTM D4417メソッドB、SSPC PA17、AS 3894.5-C、米国 海軍NSI 009-32、SANS 5772、その他

用途:

  • サンドブラスト処理された部品の表面プロファイル測定
  • 陸上および海洋上の鉄骨構造、インフラストラクチャ、造船、風力タービン
  • 腐食保護の必要な膨大な金属コンポーネント

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Shinmei 1-9-16, Soka-shi
Saitama-ken/日本
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション

製品

ダウンロード