FISCHERSCOPE HM2000 S

FISCHERSCOPE HM 2000 Sは、受入材料検査や製造品の検査での機械的および電気的材料特性の手動測定に最適です。コンポーネントの構造はシンプルで高品質、微小硬さの測定に対する優れた装置となっています。試験の試料は手動で配置され、マルテンス硬さ、ビッカース硬度、圧痕の弾性やクリープなどの材料パラメータは、サンプルに特殊な準備を必要とせず、迅速かつ正確に測定されます。Fischerは、長い寿命を持つ測定装置を重視しています。お客様の測定技術に対する要件が変更すれば、この微小硬さ測定のエントリーレベルモデルは、一部が自動化されているHM 2000にアップグレードすることができます。

FISCHERSCOPE HM2000 S

特徴:

  • 圧痕の硬さ (ビッカース硬度に変換可能)、弾性、クリープなど、多くの塑性特性や弾性特性を決定可能
  • DIN EN ISO 14577-1およびASTM E 2546に従った材料パラメータの測定および計算
  • 圧子: ビッカース、バーコビッチ、カーバイドボール
  • 要求に応じて、お客様独自の圧子を使用可能
  • 数時間一定の温度下におけるクリープ測定に適合する測定ヘッド
  • 高性能WIN-HCUソフトウェア搭載。微小硬さ測定装置の直感的な操作やさまざまな材料パラメータの評価をサポートします

用途:

  • シンプルな形状のサンプルの微小硬さ測定
  • 自動車産業の品質管理などでの塗装面の硬度、弾性、安定性を評価するための塗装皮膜の塑性および弾性決定
  • 塗装皮膜への大気の影響の決定
  • アルミニウムプロファイル上の薄い陽極酸化層 (硬質陽極酸化) の摩耗耐性試験
  • 装飾性および機能性の電気メッキ層の制御
  • PVDおよびCVD層の試験
  • 引っかき耐性および摩耗耐性のある皮膜の提供
  • DLC層の試験

アクセサリー (オプション):

  • 密閉測定チャンバー。空調装置からの気流など、外部からの影響を回避します
  • 天然ハードストーンプレート。振動の影響を軽減するダンパー脚付き

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Shinmei 1-9-16, Soka-shi
Saitama-ken/日本
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム