FERITSCOPE FMP30

オーステナイト鋼や二相ステンレス鋼が熱、刺激性の物質、高圧に耐える必要がある場合は、必ずフェライト組織量が重要な役割を果たします。特に化学プラントでの現場測定では、Fischerの携帯型装置のメリットが明確に表れます。FERITSCOPE FMP30では、幅広いプローブを使用可能で、測定しづらい場所であっても高い信頼性でフェライト組織量を測定することができます。

FERITSCOPE FMP30

特徴:

  • 現場でフェライト組織量を迅速かつ正確に測定ができる堅牢でハンディ型の装置
  • 測定値をフェライトの (% Fe) または (FE) で表示可能
  • あらゆる機能を大きく簡単に読めるディスプレイで表示
  • プローブを当てると、すぐ自動的に測定開始
  • 届きにくい場所でも高い信頼性で測定できるように、さまざまなプローブを利用可能
  • 幅広い校正物質で使用可能
  • 全測定領域で必要な校正は1回のみ
  • 固定測定装置MMS PC2の全機能を備えるモジュールとしても利用可能

用途:

  • 配管、ボイラー、コンテナのフェライト組織量測定に最適

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション

ダウンロード