X-RAY 4000

FISCHERSCOPE X-RAY 4000は、ストリップの電気メッキ処理の間の膜厚測定および素材分析に対して特に設計されています。この測定システムは、さまざまな規模の電気メッキ工場で、すでに300カ所以上設置されています。測定ヘッドの高速移動メカニズムにより、測定製品上のさまざまな場所で読み取りを実行することができます。この装置はモジュラー設計を採用しており、最適なX線源と理想的な検出器を選択し、個々の要件を満たすことができます。

X-RAY 4000
X-RAY 4000
ストリップ電気メッキやコイル皮膜のインライン測定システムです。生産プロセスや品質管理システムにシームレスに統合できます。

特徴:

  • 稼働している生産プロセスで高い精度で測定を行います。すべてのハードウェアやソフトウェアコンポーネントがインライン測定のために調整されます
  • シンプルな操作による準備時間と自動校正
  • X線源と検出器の選択が最適化されることにより、材料に対する最高の測定条件を実現
  • 柔軟性: さまざまな皮膜システムおよび数ミリメートルから1メートルまでの帯域幅に対して簡単に調節可能

用途:

膜厚測定

  • 金、銀、パラジウム、ニッケル、銅などのプレスおよび亜鉛メッキされたストリップ皮膜
  • ストリップ金属の電気接点
  • 溶融錫メッキ鋼および銅コイル
  • 太陽光発電産業における薄膜コーティング

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション