導電率測定

導電率は、金属が電流をどれぐらい良好に流すか示すだけでなく、間接的には、金属の組成、微小構造、機械的特性における変化に関して評価を導くことができます。Fischerの測定装置を使うと、これらの重要なパラメータを迅速かつ正確に測定することができます。特別な渦電流法を使うことで、最大500 μmの厚さの塗装やプラスチック皮膜の下であっても、完全に接触せずに測定を行うことができます。この方法は、同時に、表面粗さの影響を最小化することができます。

SIGMASCOPE SMP350

さまざまな金属面や固形物の導電率を測定するコンパクトな携帯型装置です。

SIGMASCOPE GOLD

導電率を利用して非破壊方式で金の真偽判定を検査できるモバイル装置です。

MMS PC2

さまざまな測定技術に対応するモジュラーシステム: 膜厚測定や材料試験に合わせて変更する作業に最適です。

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム