XAN500

ハンドヘルド、デスクトップ、インライン: 蛍光X線式測定器 XAN®500は、フィッシャー製品の中でも最も多彩な操作性を備えたモデルです。ハンドヘルドとしての測定に加え、据え置き型やインライン型としての使用もできます。付属のタブレットPCには、長年の実績に基づいたソフトウェアWinFTM®を備えています。WinFTMは、膜厚測定の評価に加え、組成分析にも優れています。このソフトウェアプログラムにより、標準板を使用せずとも測定することが可能です。

XAN500

特長

  • ハンドヘルド型の持ち運びが可能な蛍光X線式測定器
  • 膜厚測定と組成分析に最適
  • 3点サポートによる安定した試料の位置決め
  • WinFTMソフトウェア導入済みのタブレットPC (別売タブレット)
  • Bluetoothインターフェース
  • 測定用ボックス(オプション)

用途

  • 生産ライン上で膜厚測定(eg. Zn, ZnNi, Ag, Au)
  • パイプなどの大型部品、機械の筐体やパーツなどの繰り返し精度の高い測定
  • 測定用ボックスを用いた据え置き型としての使用により、小型部品などの高精度かつ繰り返し精度の高い測定
  • 生産ラインへの組み込みによるは100%モニタリング

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション

ダウンロード