統計

ほとんどの測定はランダムな要素に影響されます。単一の値では測定された本当の定量的な特性は説明できません。このため、繰り返した測定と複数の個別の値が必要になります。繰り返した測定を評価するには、統計的方法が必要になります。

測定値が十分な数だけあると、平均値および相違を特定できます。その後、平均値の周りにある個々の値の分布を計算できるようになります。しばしば、この分布は正規分布曲線を生成しますが、この曲線は多くの専門的プロセスに適用されるもので、測定値に基づく確率分布を示します。

しかし、ほとんどの皮膜処理では、非対称の分布が生じます。この「対数正規分布」は測定変数で典型的なもので、皮膜の厚さ同様、プラスの値しか持ちません。

統計的分布を使用すれば、全体の過程において皮膜の厚さを予測することが可能です。つまり、100%のモニターをする必要はなくプロセスを評価できるという意味です。

FISCHERの機器はお客様のために統計的計算を引き受けます。ボタンに触れるだけで、当社の機器は記録された測定値をさまざまな統計的レポートを表示します。

詳細は
https://en.wikipedia.org/wiki/Normal_distribution
https://en.wikipedia.org/wiki/Log-normal_distributionを参照してください

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム