封孔品質試験装置

DIN EN ISO 2931およびASTM B 457-67に従ったアルミニウム上の陽極酸化皮膜の封孔品質試験装置です

仕上げの耐候性は封孔品質の関数です。DIN EN ISO 2931およびASTM B 457-67によると、陽極酸化物の膜が誘電体を形成するコンデンサのアドミッタンス (Y) は封孔品質の良い指標となります。ANOTEST® YMP30-Sは、基準に従ってアドミッタンスを測定し、現場での試験に最適な設計となっています。

Sealing Procedure for anodic oxide films on aluminum
Sealing Procedure for anodic oxide films on aluminum
Sealing Procedure for anodic oxide films on aluminum.

測定手順

粘着型のゴムリングが試験表面に置かれます。そして、その中に数滴の試験液で満たされます。アルミニウム基材がユニットの接地ソケットに接続され、試験電極がセルの液体に浸けられます。これにより、陽極皮膜が誘電体として働くコンデンサが形成されます。このコンデンサのアドミッタンスが測定され、直接μS (マイクロシーメンス) で示されます。

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション