渦電流位相式 (位相変位感応式)

ISO 21968に従った渦電流試験法 (位相変位感応式)。

Schematic diagram of the phase sensitive eddy current method. The penetration depth of the magnetic field depends on the used frequency and the electrical conductivity of the materials.
Schematic diagram of the phase sensitive eddy current method. The penetration depth of the magnetic field depends on the used frequency and the electrical conductivity of the materials.

測定原理

接触方法: 励起電流が周波数の高い磁界を生成し、材料 (皮膜または基材) に渦電流を誘導します。皮膜材料および基材に異なる渦電流が形成されるという性質が、膜厚測定に使用されます。励起電流と測定信号の間の位相シフトPhiが、特有のプローブ出力関数、つまり測定信号と膜厚の間の関数的相関を使って膜厚値に変換されます。プローブによって決定される一定の範囲では、読取値は、プローブと皮膜表面の間の距離に依存しません。

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Shinmei 1-9-16, Soka-shi
Saitama-ken/日本
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション