クーロメトリ

DIN EN ISO 2177に従ったクーロメトリ膜厚測定です。

COULOSCOPEシリーズは、DIN EN ISO 2177のクーロメトリ試験法に従って動作します。これには、制御電流下において、電解質を用いて金属または非金属の下地から金属膜を溶解させる処理が含まれます。つまり、電気メッキプロセスの逆です (脱メッキ)。脱メッキに必要な電流は、取り除く金属量と正比例します。試験電流と領域が両方とも一定に保たれれば、脱メッキ時間と膜厚の間にはっきりとした相関関係が生じます。

Schematic diagram of the Coulometric method.
Schematic diagram of the Coulometric method.
Schematic diagram of the Coulometric method.

クーロメトリ脱メッキプロセスを通じた膜厚決定ルートは次の通りです: 脱メッキ処理は、小さな電解槽の一種である測定セルで始まります。測定領域は、測定セルに取り付けられたプラスチックのガスケットにより定義されます。電解質は、電流が流れるまで脱メッキ処理が始まらないように、さまざまな皮膜材料に対して配合されます。脱メッキプロセスが装置の電子部品によって開始されます。ポンプが測定セル内で液を循環させ、脱メッキ領域に接触する電解質を入れ替え続けます。これにより、均一な脱メッキ処理が保証されます。測定領域のサイズに応じて、さまざまな直径のガスケットを測定セルに利用できます。

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム

インフォメーション

製品