クーロメトリ測定法

クーロメトリ法では、どの皮膜-基材の組み合わせを測定できますか?

金属、プラスチック、セラミック上の導電性の金属皮膜を測定できます。

クーロメトリ法の測定前に、満たす必要のある要件は何ですか?

満たす必要があるものは、皮膜表面がきれいであること、スタンドクランプが試料とうまく接触していることです。さらに、関連する膜厚とほぼ同じ脱メッキ速度を選択する必要があります。また、正しい電極を選択することも重要です。

クーロメトリ法の測定精度を決定する要因は何ですか?

要因としては、膜厚、表面組成、適用される測定セルガスケット、脱メッキ速度、皮膜の純度などが挙げられます。

「密度」という要因は、校正で一定の役割を果たしますか?

はい、果たします。
例:
まず、測定装置をサンプルで校正します。その皮膜密度は2 g/cm³です。そして、新しいサンプルを密度1 g/cm³の皮膜で測定します。新しく校正しなければ、システム上、エラーが発生します。これは、測定値が必ず小さくなりすぎることを意味しています。これは、新しいサンプルの測定信号を、皮膜の密度が2 g/cm³であるものとして装置が評価することによる現象です。

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム