較正

較正は測定技術において非常に重要な役割を果たします。較正中、測定値と既知の値 (たとえば、基準規格) の差が計算されます。テストを行うときは、機器によって引き起こさるこの測定誤差を考慮に入れなければなりません。この事情を知らないと、信頼性の高い測定をすることは不可能です。ISO 9001基準は、結果が有効なものになるようにするために、測定装置が較正される、または検証される必要があると定めます。さらに、較正は測定の前に、あるいは定期的な間隔で行われる必要があります。従って、どのプロフェッショナルな測定機器も較正機能を持つ必要があります。

較正には以下のステップが必要です。

  • 以下を含む事前定義された測定プロセス:
    • アプローチまたは方法
    • 必要な規格の定義
    • 規定された周囲条件
  • 較正の操作上のシーケンス
  • 固定された手順に従った測定値の統計的評価
  • 偏差と不確定性を示す較正証明書

FISCHERの測定機器は非常に柔軟性があり、さまざまなタスクに使用できます。従って、較正中は、測定のタスクにおける特定の測定条件を考慮に入れることが重要です。これには、例えば、材料の層のタイプや配置が含まれます。一般的な較正 (標準化された重りを持つはかり) は可能ではありません。較正は特定の測定のタスクには適用できません。従って、それぞれの測定タスクについて、対応する較正がデバイスに保存されている必要があります。

較正に課された要件に応じて、使用される規格も追跡可能なものでなければなりません。これらの規格は認証された主たる規格に明確な接続性を持っています。これは、主たる規格に対するこうした規格からの測定偏差は、既知の数量であり、偏差および不確定性として文書化可能なものであるという意味です。

FISCHERの測定機器が工場を出る時には、それは既に正確な基礎的較正を持っています。例えば、当社の触覚プローブは何十という測定ポイントにおいて予め較正されています。FISCHERの機器を所定の測定タスクに較正することは迅速かつ簡単にできます。加えて、FISCHERは数百の異なる較正規格を提供します。従って、広範な測定タスクにおいて、較正規格がカタログから注文できます。

詳細は
https://en.wikipedia.org/wiki/Calibrationを参照してください

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Saitama-ken/日本

お電話での問い合わせ
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム