歴史

若いときからHelmut Fischerは自然科学の世界のとりこになっていました。彼の好奇心、想像力、および知識欲が、その後、彼のキャリアにおける最初の大きいステップになりました1953年に、Helmut Fischerは22歳の情熱に燃える研究者として、彼の故郷シュトゥットガルトで最初の会社を設立しました。工業セクターにおいてモノを測定するための必要性が増えていることに気づいた彼は、超高感度の測定機器の開発と実用化に専念しました。

1953

SchuhmannとFischerの基礎。初期の頃は、鋼や鉄の塗装膜を分析するための測定器具を開発。その後すぐに非磁性基板上の塗装膜を測定できるデバイスを開発しました。

1956

Helmut Fischerの単独所有権で会社をシュトゥットガルトに創設。

1960

エレクトロニクスと測定技術に関する企業、Helmut Fischer GmbH & Coの設立。

1967

シュトゥットガルトからジンデルフィンゲン-Maichingenに新しく建設し移転。2014年までの間に、5段階にもおよぶ敷地を拡大。

1968年に開始

世界中に17の子会社を設立。

1971

スイスにHelmut Fischer Elektronik und Messtechnik AGを設立。FISCHERは、軽量でモバイル性に優れ、ハンディタイプな非破壊の膜厚測定器を市場に投入するため、最新のエレクトロニクス技術を応用。

1983

FISCHER初となる蛍光X線機器を発売。このX線機器は、当社にとって重要な主力製品となり、すぐに市場での地位を確立

1985

FISCHERは同社初の微小硬度測定システムを発売。これは、インデンテーションテストの原則により作。従来の方法とは対照的に、このデバイスは追加のパラメータの決定も可能にするため、非常に薄い層や繊細なコンポーネントの分析にも最適。機械的表面の特性の測定に革命を起こす。

2003

会社の所有権を創設者のHelmut FischerからHelmut Fischer財団に譲渡。これは、当社の継続的な成長に専心し、積極的に次世代の科学者を支援のために実施。

2014

革新への集中:Institute for Scientific Instruments GmbH (IfG) はHelmut Fischerグループの一員に。ベルリンを拠点とするこの研究開発組織は、主に蛍光X線用のポリキャピラリ光学装置を製造。

2015

FISCHERはジンデルフィンゲンにある同社のプラントを80パーセント拡大しました。4階建ての約8000㎡のビルディングは持続的成長に向けた証。

FISCHERへの連絡

Contact

Fischer Instruments K.K.
Shinmei 1-9-16, Soka-shi
Saitama-ken/日本
電話: (+81) 48 929 3455
Eメール: japan@helmutfischer.com
お問い合わせフォーム