Jump to the content of the page
16. 8月 2021

導電率測定の重要性

導電率は物理的に定量化できる測定値であり、多くの工業でのプロセスで重要な役割を担っています。導電率とは、ある物質がどれだけ電気を通すことができるかを示す値です。鉄や銅など、ほとんどの金属材料は電気伝導体であり、電流を流すことができます。しかし、電気を通すかどうかは、いくつかの要因に左右されます。例えば、物質内の可動電子の有無やその数は、導電率に直接影響します。この測定値は、さまざまな分野において重要な情報となります。

 

導電率測定の重要性とフィッシャーの測定技術についてご紹介します。

導電率測定はなぜ必要なのか?

導電率測定は、品質管理および品質保証のための生産工程に適用されます。具体的には、材料がどの程度電流を流すことができるかを調べるために使用されています。また、物質の機械的特性など物質の構成に関する情報を得ることができます。これらのデータをもとに、その材料が用途に適しているかどうかを判断することができます。

 

導電率測定はどのような産業で使用されるか

数多くの産業で、品質管理や製造工程に導電率測定が取り入れられています。例えば、アルミニウムや銅などの原材料の分別に使用されます。材料の純度、強度、完全性を確認することは、最終製品に求められる性能と耐久性を実現するために非常に重要です。

 

導電率測定は、ライフサイエンス、食品・飲料、航空宇宙、製薬、電力、水、その他幅広い分野で使用されています。例えば、プリント回路基板(PCB)の製造では、その高い導電性から黄銅がよく使われます。しかし、回路基板が正しく機能するためには、メーカーは使用する銅の純度を確認し、最適な性能を発揮するために十分な電気を通すようにしなければなりません。

また、航空機に使用される部品の導電率を測定して放電能力を検査し、落雷などの物質的ストレスに耐えられるかどうかを確認します。

SIGMASCOPE® SMP350で導電率測定

フィッシャーのSIGMASCOPE® SMP350は、非鉄金属の導電率を測定するハンディー型でポータブルな最新機器として、高性能な測定器です。高精度で迅速に測定でき、品質保証のプロセスを合理化します。また、ハンディタイプであるため、作業現場に持ち込んで測定できるため、利便性に優れています。

 

また、熱処理された材料の強度や硬度について情報を得ることが可能です。このため、温度変化の激しい部品の安定性を観察することができます。これにより、最終製品の品質に直接影響する熱損傷や金属疲労の有無について点検して、情報を得ることができます。

フィッシャーのSIGMASCOPE® SMP350は、渦電流位相式を採用しています。これにより、塗料やプラスチックコーティング下にある非鉄金属素地の導電率も測定可能です。また、この方式は素地が粗い表面であっても影響が少なく正確に測定できるのも利点です。

金貨の真偽判定においても、また民間製品の製造に使用される材料における測定においても、フィッシャーの革新的な測定技術が役立ちます。導電率測定の詳細については、ぜひカスタマーサービスまでお問い合わせください。

Leave us your comment
By submitting this form, I confirm that I have read and understood the privacy policy.
Jump to the top of the page