Jump to the content of the page

放電式ピンホール測定器

完全に腐食から保護するためには、保護膜は孔や隙間、異物が無いことを確実にしなければなりません。これにより、キャリア材に外部から接触することを防ぐことができます。FISCHERの放電式ピンホール測定器では、非導電性の保護皮膜の孔やピンホールを簡単に検出することができます。3つのモデルがあります:POROSCOPE® HV5、POROSCOPE® HV20、およびPOROSCOPE® HV40。これらにより、あらゆる皮膜厚や皮膜材料に最適な電圧レンジをカバーします。

 

ピンホール検査は、0.8から40 kVの間の電圧をかけて検査します。しかし、危険性はありません:ISO 2746の安全性の要求に全て満たしています。また、これらのハンディー型測定器はとても堅牢であり、過酷な環境下でも検査ができます。エナメルやプラスチックなどの容器の孔や空隙、クラックや異物介在の検査、ならびにタンク、船の外壁または配管の保護膜の検査に適しています。

特長

  • 表面にある細孔やクラックの検出ができるハンディ型のピンホール測定器
  • 堅牢で製造現場や建築・構造物現場での使用に適したデザイン
  • ISO 2746の安全性の要求に満たした製品
  • 直感的メニュー操作性、見やすい発光型ディスプレイ、回転/プッシュボタンスイッチ
  • 様々なアプリケーション向けの広範囲な電極
  • 継続的に調節可能な試験電圧と調整可能な感度
  • 視覚的および音響での検出通知
  • Clear display of the test voltage in the test head
  • 3つの電圧レンジのモデル:
    • POROSCOPE HV5: 0.8–5kV
    • POROSCOPE HV20: 4–20kV
    • POROSCOPE HV40: 8–40kV

アプリケーション

  • 金属上の非導電性皮膜のピンホール検査
  • 鉱油、ボイラー、パイプ、圧力容器、配管、ボイラー、熱交換器などにおけるエナメルまたはプラスチック被覆タンク
  • 船体のコロージョン保護皮膜
  • 食品および薬品のプラスチック被覆パッケージ
  • 帯電物の検査

ダウンロード

名称 タイプ サイズ ダウンロード
Jump to the top of the page